スキンケアで気になるのは毛穴の汚れ以外にも毛穴の開きですよね。

どうして毛穴が開いてしまうのか?

そもそも何のために毛穴があり、毛穴の果たす役割には、どんなものがあるのかなどを書きます。

まず、毛穴の役割ですが、顔全体にある毛穴の数は生まれて大人になってもから変化がなく、ざっと20万個程度あるそうです。

まず、毛穴はそこから皮脂を出し、皮膚に膜をつくります。そうすることで大気中のほこりや目に見えない物質などから皮膚をガードしてくれます。

また、その皮脂の膜により、皮膚の保湿を行い、肌が乾燥しないようにしています。
皮脂の膜には、雑菌の増殖を防ぐ働きもあるんです。

一方、毛穴からでる汗や皮脂で、体の老廃物を排出してもいます。
要するに肌を生かせるために循環みたいな役割があるわけです。

では、毛穴が開くことの原因はというと皮脂が過剰に分泌されていることが大きいのです。必要以上に皮脂が分泌されると、余計な皮脂で毛穴がひろがります。さらには毛穴留まっている汚れや古い角質が剥がれ落ちないで皮脂と混ざり、黒ずみにもなります。

あと、加齢による肌のたるみによっても毛穴が開きます。ニキビ跡も毛穴の広がりに影響しています。

そして、乾燥も影響します。肌が乾燥すると、毛穴の皮丘と呼ばれる部分に水分が不足し、しぼんでしまうため、皮溝が広がる状態になります。そのため肌に凹凸ができ、毛穴が広がるわけです。

肌が乾燥することで皮脂が過剰分泌されることも影響してしまいます。

ニキビを潰してしまうとニキビ跡の部分の毛穴が開いたままになってしまいます。
以上が毛穴が開く大きな理由としては、考えられます。