どろあわわって、やっぱり気になります。毛穴の汚れや黒ずみが気になっている場合、口コミとかでも有名などろあわわってどうなのと思いますよね。

どろあわわの効果を高めるためには、どう使うのかということも結構大事のようです。

具体的には、どろあわわが高い効果を発揮してくれるのは、弾力というか吸着性の高いもちもちの泡で洗顔することらしいです。

なので、どろあわわは、ポイントとなる泡をいかにして理想の形に作るかなのです。

まず、どれくらいが適量なのかというと、1回あたり「2~3cm」の量です。少なすぎても多すぎてもダメなんです。

またどろあわわには専用の泡立てネットがありますから、それを使って泡立てます。
その後、ネットでボールをこねるように丸め、もこもこさせていきます。

気をつけたいのは、つい泡立てるときに、水を足してしまうことです。どろあわわについては水をたさないことも吸着性を維持するためにも大事です。

洗顔の方法は、泡を転がすようにして、泡で洗います。
そのときに、泡が毛穴の奥の汚れを吸着してくれるわけです。

洗顔した後はすすぎですが、このときも自分の肌質に合わせた適温があります。

基本はぬるま湯なのですが、たとえば乾燥しやすい人や敏感肌の場合は、もっと低くて30度程度ですし、普通肌の場合は32度くらい、さらに脂性肌だと35度くらいがいいようです。

あとは根気よく使って、効果が出るまで続けることなんです。